外壁補修

外壁にひび割れや剥がれ、モルタルが浮いていたりするのをそのままにしていませんか?
これらの症状でできた隙間は、例えわずかでも水や湿気が建物内部に入り込んでしまいます。
水が内部に浸入することで建材に被害が及んだり、雨漏りを引き起こす原因になりますので、定期的なメンテナンスは欠かすことができません。

外壁の種類によって劣化症状は変わりますので、気になる症状があれば府川住建に外壁補修をご依頼ください。
一軒一軒、外壁の症状を見極めて最適な補修工事をご提案いたします。

主な外壁の特徴と起こりやすいトラブル

■サイディング

最も普及している外壁材で、窯業系や金属系、セラミック系など、数多くの種類があります。
デザイン、カラー共に豊富にあるのが特徴です。
【起こりやすいトラブル】
・目地部分のシーリングの劣化
・ボードの反り、変形
・塗膜の劣化によるひび割れ、腐食

■モルタル

水、セメント、砂を混ぜ合わせて作られる外壁で、サイディングが普及する前には多くの建物で使われていました。
防水性能が低いため、10年に一度塗り替え工事が必要です。
【起こりやすいトラブル】
・ひび割れ、欠け
・腐食による剥落
・カビ、苔の発生

■タイル

耐候性、耐久性、耐火性に優れているためほとんどメンテナンスを必要としません。
その分、他の外壁材に比べて施工費用や初期費用が高価になります。
【起こりやすいトラブル】
・外から衝撃を受けた際に起こる割れ、欠け
・接着剤や目地部分の劣化

■ALCパネル

軽量気泡コンクリートの略称で、一般的なコンクリートよりも軽量で優れた断熱性能を持っています。
【起こりやすいトラブル】
・塗膜の劣化によるひび割れ、変形、腐食
・外から衝撃を受けた時に起こる割れ、欠け

一覧ページに戻る