防水工事

防水工事は屋上やベランダ、ひさし、サッシ、外壁など、建物の外側の部分が浸水しないように加工を施します。
年月の経過によって雨や雪、紫外線といった自然の影響を受けて劣化が進行しますので、7年~10年を目安にして塗り替え工事をご依頼されることをおすすめします。

もし外壁にひび割れや剥がれといった症状が見られる場合はすぐにご連絡ください。
その状態で放置していると、建物の躯体に影響が及んで大掛かりな工事が必要になることもあります。

府川住建で行う防水工事は、代表が信用する専門業者が調査の段階から行います。
いつまでも快適に過ごせるように、定期的なメンテナンスをお任せください。

お住まいを守るために最適な防水工事を行いましょう

■FRP防水

高い耐久性を持つガラス繊維強化プラスチックを応用して防水層を形成します。
軽量かつ丈夫、耐水性、耐食性、耐候性に優れており、さまざまな形状に対応でき、自由に着色することができます。

このように優れた性質を多く持つことからその活用分野は建物だけに留まらず、船舶や水槽、バスタブ、自動車など、幅広い分野に広がっています。

■ウレタン防水

液体のウレタンを塗ることで防水層を形成します。そのため、つなぎ目のない防水層を作ることができ、場所を問わず施工ができます。
さらに、下地の形状に馴染みやすく簡単に作業ができるため、低コスト・短工期で施工ができます。

既存の防水層の上から塗ることができますので、高性能のウレタンを塗り重ねることで弾性を高めることもできます。

■ゴムシート防水

合成ゴムでできた防水シートを接着剤で下地に貼り付けて防水層を形成します。
伸縮性が高いのが特徴で、下地材の亀裂に柔軟に対応することができます。
その他、温度変化にも強いので長い耐用年数を実現できます。

■塩ビシート防水

紫外線や熱、オゾンなどに高い耐久性を持つ防水シートを使用した工法です。
カラフルな色や模様を施すことができ、鳥害対策に効果を発揮します。
塩ビシートが持つ柔らかく曲げやすい特徴を活かした高い施工性のおかげで、下地材を撤去する必要がないため改修工事に最適です。

■アスファルト防水

合成繊維とアスファルトを含ませたシートを貼り重ねる工法です。
古くからある工法ですので信頼性が高く、コストもそれほどかかりません。

一覧ページに戻る